売れる本、売れない本

 何が売れて、何が売れないのか。三十年を古本屋を営んでいる店主だったとしても、その売れ筋を読み切るのは困難です。適格に売れるものだけを入手してくるのは不可能で、結果は神のみぞ知る、といったところです。

 しかし、そうはいっても近似値を狙うことはできます。将来的に、その落手した本がごみ箱行きにならないように、確実に売れる本を着実に学習していくのです。

 世の中は常に変動していきます。価値観も流行も一つのところにとどまることはありません。もちろん、本も例外ではないのです。

 例を挙げましょう。ベルリンの壁崩壊の折、社会主義関係の本がいくつも古本屋に持ち込まれました。その本は、現在絶版となっており、大変貴重なものになっています。

 需要と供給の原理原則を当てはめれば、ないものは高くなり、多く出回ったものは安くなります。それは当たり前のことなのです。

 私は、毎日、新聞に載っている新刊本の広告を見たり、今週のベストセラー本を覚えておきます。特にミリオンセラーとなっている本はよく問い合わせもあります。

 しかし、そんな本は扱いません。100万、200万部と売れた本は、時が来れば古本屋にどっと流れこみます。最初のうちは売れたとしても、すぐに売れなくなります。もちろん、そこで売れ残ったものはすべてゴミとなります。

 同じベストセラーでも、永遠のベストセラーといわれる聖書は別です。中には、ロングセラーというものがあり、大学でも必ず参考図書や資料として毎年必要となるものもあります。そうした書籍は、地味ながら確実に売れていきます。

 古本屋の店主は、学者ではないし、あらゆる本の内容に精通している必要はないと思いますが、少なくとも、その著者が何者であるかはなんとなくでもよいので知っておくと用でしょう。それぞれ専門分野には優れた功績を残した人たちがいます。それらを少しでも知っておけば、無知ゆえにその価値を無為に投げ捨てるようなことはなくなります。

 知らないで損をすることが多々あるからです。そこは注意をすべき点の一つだといえるでしょう。

古本の三つの仕入れルー卜

古本の仕入れには三つのルートがあります。市場、同業者、一般のお客様からの買い取りです。最近では「ネット・セドリ」などもありますが、販売者からの買い取りという点では、同業者からの仕入れの一種と考えていいでしょう。
一般のお客様からの買い取りには、店に直接持ち込んでもらう「店買い」と、お客様の家まで出張して集荷する「宅買い」があります。また最近では、宅配便を通して買い取りをする「非対面取り引き」も多くなっています。

本の著作情報

◎著者情報はここ
本を後ろからめくると、その本がいつ発行されたか、何回増刷されたか 、出版社や印刷所はどこか、基本情報が記載された奥付と呼 ばれるページがあります。 著者のプロフィールや代表作など も書かれています。最後のページがここになります。古本屋でもここのページがちゃんとあるかをチェックして古本買取を行います。

本に関する知識

古本屋でビジネスをするくらいの人であればたぶんみなさん本好きで、書店にもよく足を運んでいることでしょう。本屋に並んでいる何百冊、何千冊の、まだ読んでいない本の中から、自分が 読みたい本をどうやって探し出すのか、どのように古本一冊を選び出しているのか。古本屋が目の前の一冊の本を自分の店に置くか置かないかを見極める能力も、みなさんが書店の棚から購入する一冊を選び出すときの能力に近いものがあります。こういったこの本を読むのはどんな人かということに想像力をはたらかせる技術を磨くのが古本ビジネスをするの第一歩 です。

古本の相場

古本屋として古本の市場に出入りして、本の相場の勉強をするのは基本中の基本です。古本市場に参加すれば、相場を知ることができます。どの本がどんな値段で取り引きされているかを知るのは、とても勉強になります。 「古書相場」という言葉があります。

古本の個々の店の売り値は、その店の考え方によって高めだったり安めだったり、あるいは十年前と同じ値段 のままだったり、結構な側面がありますが、市場の値段は「公共的」なものです。市場ではトレンドが敏感に反映されるのです。 専門店の場合、売れなくなったからといって、急に値下げするのはまずい面も出てきます。特定の顧客と長く付き合うことが多いので、売価にもある程度責任をもたなければならないからです。 古本の値段をつけるのは難しいですよね。

ネット買い取り専門店について

古本買取のお店はどんな本でも買い取るわけではありません。とくに一般書は、 多くの場合、品揃えが陳腐化するサイクルが早いので、常に新しいものだけを買うというお店が多いでしょう。
現在、地域に密着した自給自足型の古本店ががすっかり減ってしまいネットでの買取や販売が増えています。古い 本や専門書の売り先も少なくなってきています。
最近のビジネスモデルでは多くの店が、店舗を構えるよりもはるかに安い経費でWEB上で古本の買取りを行っています。販売はもWEB上のショッピングモールに頼るようになっています。

また、netとは別に古本組合に加入して、古本市場への出品を主にした買い取り専門店がこれから増えてくることも考えられます。

古本屋を開くスタートアップ

漠然と、古本屋をやろうとする人はいないと思います。多分、最初から百坪単位の大型店をやる
ような資金のある人は別として、普通は、五坪から十坪の小さな店からスタートするものです。
となると、せいぜいが半間幅の本棚が二十本と平台ぐらいしか置けません。本棚一本に入る本は
単行本で三百冊ぐらいですから、一万冊もあれば店らしい雰囲気は出ます。いや、一万冊、多くて
も一万五千冊がキャパですから、それしか店には入らないということになります。田舎で、競合店
のいないようなところでは、何でも売りにきますから、すべての商品を取り扱いたいところでしょ
うが、いずれ店はいっぱいになってしまいます。
競合店の多い都会では、今度は本が入ってこない悩みを抱えます。
そこで、店を開く前に、誰に何を売るかということを決めてかかることが大事です。ひとつの街
に古本屋が何軒もあるなら、我が店の特徴はと、他店と差別化できる顔が欲しいところです。
古本だけでは食えないからと、複合型の店の形態は、神保町でも見られます。それはそれで、面
白い店ができるので、ターゲットを決めることから、形態を選ぶことが大事だと思います。
全国にはいろんな話題を呼ぶ店があります。