本のカバー

みなさんが何気なく手に取る本にはカバーがついていますよね? その各パ ーツにも名前があるのをご
存知ですか。 まずは本をくるむカバー。本屋でひと目ぼれして買う「カバー買い」
も多いため、各出版社がデザインに力を入れてキャッチタイトルなど工夫を凝らしている。カバーの上に、 さらに帯を巻いて、その派手さで人目を引くのも戦略の一つです。 本がとじられた側は、背といい、ここには書名や著者名が書かれるのが決まりだ。文庫や新書では、出版社ごとにデザインが統一されています。このカバーは古本屋の本だとある場合は料金が高く、ない場合は低く古本買取されます。なるべくカバーはそのままにしておいた方がいいでしょう。