本の流通

一冊の本が読者に届くまでにはどういう流通があるのか見てみましょう。 本をつくって発行するのは出版社といいます。出版社は版元と呼ばれています。出版社 が本を印刷し、約1万5千店もある全国の書店ヘ直接本を配るとすると相当な手聞がかかります。そこで、本を配る作業を請け負っているのが取次会社です。数は少ないですが 取次を通さない直取引というものもあります。また、売るだけでなく返本も仕事のうちの一つです。本屋で売られている本のほとんどは、決められた期間だけ本を棚に置き、売れた分は利益を得て、売れなかったら返本できる委託販売 という方法がとられている。 委託販売の期限は本やによっても 異なります。そのあいだ本やは取次を経由して本を返本でき ます。期限を過ぎた場合でも、本やが 出版社に直接了解をもらい、取次を 通せば大丈夫です。このように、取次は全国からの返本を取りまとめ、出版社 へ戻すこともしています。