本の販売価格について

書店で売られている本は、同じ本であれば日本全国どこの書店で行っても同じ値段で売られています。これは再販売価格維持制度 再販制によって定価での販売することが定められており、書店が勝手に値下げしたり値上げしたりすることができないからです。

あまり知られていませんが、定価のうち、書店に入る売上は数パーセントであることがほとんどであまり多くありません。たくさん本を売らなければたやすく赤字になってしまいます。一冊の本の利益配分は、出版社と著者に加えて、全国の本屋への配本、出版社への返本手続きを行なう取次会社へも振り分けられます。

一方、古本屋の場合、大まかに言うと古本買取をした金額と販売価格の差額が利益となります。自由に自分で値段を決められるのも古本屋のメリットです。

また最近は紙の書籍に加えて電子書籍も多く出版されています。電子書籍の場合は出版社や取次店を挟まずに、著者が電子書籍の運営元と直接やり取りをして販売することが可能です。そのため、先程記した利益配分が変わり、著者の収入が増えます。

電子書籍を選ぶ著者が増えると出版社の売上が減ってしまうため、絶版本データ化するなど出版社はさまざまな電子書籍の試みに取り組んでいます。