古本買取のお店はどんな本でも買い取るわけではありません。とくに一般書は、 多くの場合、品揃えが陳腐化するサイクルが早いので、常に新しいものだけを買うというお店が多いでしょう。
現在、地域に密着した自給自足型の古本店ががすっかり減ってしまいネットでの買取や販売が増えています。古い 本や専門書の売り先も少なくなってきています。
最近のビジネスモデルでは多くの店が、店舗を構えるよりもはるかに安い経費でWEB上で古本の買取りを行っています。販売はもWEB上のショッピングモールに頼るようになっています。

また、netとは別に古本組合に加入して、古本市場への出品を主にした買い取り専門店がこれから増えてくることも考えられます。